« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008年6月18日 (水)

三河弁、流行らんかなー(笑)

Image374
何気なく朝日新聞読んでたらyukaさんが出ててビックリ。

祝☆ブラジル日系移民100周年!!
川崎です。


先日、ミスゴブリンさんのライブに西君がゲスト参加するということで遊びに行ってきました。
非常に楽しいライブでした♪
ミスゴブリンさんとはむかーしむかしに対バンしたことがあります。あの時はさらに大所帯で渋谷クアトロの広~い楽屋内で所狭しといろんな格好の出演者さん(半裸で腰ミノの人とか)が着替えていたなあ(笑)
今回もそんな感じで美しいダンサーやら火花散るサンダー(!)やら、とても見ごたえありました。面白かったです。
そして、西君はホントにギター上手いねえ~♪


さていきなり話は変わって唐突ですが「方言」について。

地元愛知から出てなかった頃、私は自分がなまっていることにあまり気づいていませんでした。生粋の三河っ子でバリバリなまってるくせに、「まあ標準語と違うのは語尾くらいのものだろう」と思っていました。っていうか、おこがましいことに「三河弁=標準語に近い」くらいに思っていました。「だってきっと徳川家康も三河弁だったし!」ってな勢いで。
なので大昔に、地元でやってたバンドで山形ツアー(当時メンバーが東北の大学院に行っていたので遊びがてらにライブしに。が!車で往復約2000km!疲れ死ぬかと思ったっす。まあ、と言いつつ翌年も行っちゃったけど・笑)に行った時、そこで知り合った山形っ子に「関西弁に聞こえる」と言われ大いに驚きました。
なるほど、東北から見ると関西方面なのね・・・と。

時は流れ、そして東京。
多少語尾に気をつけつつ生活していました。
ところが…西君(標準語)が、知り合って2年目くらいの時にこう言いました。
「綾子さんは時々、わからない言葉をしゃべる」
!!!!!!
(それまでずっとヤツは前後の脈絡から意味を判断してたらしい。…って、英語の長文問題かっ!?笑)

あと、本場の関西の方が「TVドラマ等で耳にするニセ関西弁が気色悪い!」みたいなことを言いますが、名古屋弁よりさらにマイナーな三河弁の私はあまりピンときていませんでした。
が、約2年前。
NHK朝ドラ「純情きらり」(舞台がマイ故郷の隣市、愛知県岡崎市)を見るたび、三河弁のちょっとした間違いやイントネーションがどうにもこうにも気になって気になって…(汗)
関西人の気持ちがよーく分りました。

でも、結構方言って良いものだな、と離れてみると思います。何となく暖かくてねえ。
あと、地元にいた頃は「VS名古屋弁!」(似てるけれど微妙に違う)と対抗意識(?)を燃やしていたけれど、今は東京で名古屋人(ヨエコはんとかね)と喋るとやたらと嬉しかったり(笑)


~ではここで、レッツ三河弁講座!!~
「旨そうじゃん」(美味しそうですね) 
「ほーだら~」(そうでしょう) 
「はよ食べてみりん!」(早く食べてみなさい) 

語尾の「じゃん」「だら」「りん」は三河弁の中でもメジャーな3ワードです。
ちなみに三河弁の遣い手として有名な方としてはオアシズのお二人(時々三河弁が垣間見える)、逆転イッパツマン(タイムボカンシリーズ。ってか古!)に出てくるロボットなどがあります。

…あー、流行んないかな、三河弁(笑)


ところで先日の旅行中に知った北海道の方言で気に入っているものがあります。
「おだつ」
意味としてはテンションがグングン上がっちゃってる状態、イメージとしては『楽しくなりすぎて一人で「キャアア!!!」とか叫んでる園児=おだってる』みたいな感じらしいです。標準語だと「はしゃぐ」が近いのかな。
何だかちょっと可愛い言葉だな、と思って時々三河弁にMIXして勝手に使ってみています。


「今日はcosmoの皆と遊ぶ日だげな」
(今日はコスモの皆さんと遊ぶ日なんですって)
「ほいだでおまん、どえらいことおだっちゃっとるのかん」
(それであなた、ものすごくはしゃいでしまっているのですね) 


…北海道弁として使用法は…合ってるのかしら?(自信なし)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »