« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月26日 (水)

花粉と事件と

春です。川崎です。花粉症です。
この時期、マスクは顔の一部です。
先日うっかりマスク装着したままコーヒー飲みそうになりました(泣)
様々な危険と隣り合わせ。イヤな季節です・・・。

しかし、天気予報でやってるスギ花粉注意報の情報と自分の症状とが微妙に合わないんですよ。大量飛散予報日に症状がひどいとは限らないんです(もちろん逆もあり)。なのでもしかしたら私の場合、スギ花粉ではない何者かによって花粉症の症状が引き起こされているのかもしれませぬ…。
うーむ、誰なんだ。私を苦しめるものは!!!
黄砂?ヒノキ?それともブタクサ??
大嫌いな血液検査(約3割の確率で倒れる)をしてでも、アレルギー検査した方がいいのかもなあ。ヤだけど…。

あ、黄砂といえば世代的にどうしでも
「黄砂に吹かれて」という曲(by工藤静香)を思い出してしまいます。
当時は何となくエキゾチックなイメージで聴いてましたが、今だと
「黄砂に吹かれる⇒人体に悪影響」
非常に悪いイメージになってしまいますねえ。
時代の流れとともに地球環境が変化してしまったんですね…。
悪い方向に。しかも急激に。
あ、時代の流れといえば「ポケベルが鳴らなくて」って曲も、きっと若い世代には「ポケベルって…何?」って感じでしょうね。
うーむ、通信機器の変化も本当に急激ですね。


ところで、いきなりですが通り魔事件
本当に悲しい、痛ましい事件ですね。
そして…怖いですね。
ちょっと本気で格闘技を習おうかと思いました。
攻撃ではなく防御とかとっさの動きとか学べる気がして…。

…あ!!
格闘技といえば私、柔道2級だったわ!!(※成人の最低等級。もちろん白帯。全く威張れません)
とはいえ中学時代に市の同好会みたいな所でちょこっとだけやってただけ(ちなみにダイエットのためにやっていた…が結果は出ず)ので全く使えないのです…が!一度だけ、劇的に役に立ったことがあります。
二十歳の時、バイクで事故ってアスファルトに叩きつけられたのにほぼ無傷だったこと。
吹っ飛んで落ちる際に綺麗に受身を取ったらしいです。
うーーん、ブランクがあってもカラダは覚えているんですね。

そう、ずっと。

ず~っとカラダは覚えているはず、と思っていました。

しかし昨年。
神戸のライブハウスの楽屋にて(タタミだった。元キャバレーなのでその名残?)調子に乗ってウン十年ぶりに受身をとってみたら「ナナメでんぐり返し」みたいな動きになり、危うくそばに座ってたメンバーをでんぐり返しで轢きそうになりました。
もはや受身とは言えない不細工なシロモノ(泣)
もう金輪際バイクでなんて倒れれません。

…というわけで、今一度もうちょっと俊敏なカラダを持ちたいな、と思った春です。




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

隠れた名店?のお饅頭と香川県の思い出

Image211先日、オカンが饅頭とウイロウを送ってきました(写真参照)
贈ったボンゴがブログに載ったりとかするから調子に乗ってるんじゃないかと思われます(といいつつまた載せる親孝行な私)
この「松平まんじゅう」というお饅頭、地元にいた時は何も考えずに食べてたのですが(頻繁に誰かから頂いたりお婆ちゃん家に行くと高い確率であったりで何となく有り難味がない。1個90円だし)地味だけど美味しい!ということに離れてから気づきまして、で帰省の際にマイ土産用に持ち帰って冷凍⇒ちょこまか解凍し、みみっちく楽しんでいます。
ウイロウも(←愛知県以外の方からは案外人気がないようです…ヨウカンと思ってパクつくとあまり甘くない+独特食感だからしょうか)はやり地元にいた時は全く何も考えずに食べていましたが離れてみると懐かしさも混ざり一層美味しく感じます♪
…まさしくふるさとマジック。
ちなみに松平まんじゅうの「松平」は地名で、徳川家、松平家の発祥の地らしいです。

Image218
ところで先日TVで「UDON」という映画を見ました。
ぬををを!旨そうでたまらんですよ。
翌朝、スーパーにダッシュ⇒讃岐うどんぶっかけ風、作って食べました(写真参照)
冷凍麺だけど美味しかった♪
たぶん同じような行動をした人が全国にいたんじゃないかなあ(笑)

そういえばむかーし、讃岐の国、香川県に行ったことあります。
しかし滞在時間は約4時間
無計画に西日本を車で旅行中、四国を大急ぎで通り抜けちゃったんです。
急いでいた理由はカブトガニ博物館の閉館時間が迫っていたから。

その日の思いつきで、鳴門海峡を見学した後に四国通過し本州戻って岡山のカブトガニ博物館に行ってみよう…と計画し、ゆっくり徳島で鯛めし食って、国道沿いの看板につられ世界一大きい喫茶店(ちなみにちょっとお高かったです)みたいなとこに入っちゃった後、カブトガニ博物館の閉館時間が午後4時半だったことに途中で気づいたんです…。

香川県に入り、噂どおり国道に乱立するうどん屋さんにつられ満腹だったけども1杯だけうどん食べ、2年近く会ってなかった香川出身の友達のことを思い出し急に電話して「今、香川県なの。じゃあね!」といって切り、
そんなこんなで、猛ダッシュで香川通過。
そして・・・!!
カブトガニ博物館に着いたのは午後4時45分…(閉館後15分経過・泣) 
閉ざされた扉の前を寂しげに3度往復してみたけども誰にも気づかれず…(気づいてくれたら「愛知からはるばる来たんです(泣)」と懇願してみようと思っていた)


というわけでいつか香川の本場の讃岐うどんをちゃんと堪能してみたいものだど映画を見ながら思いました。

あ、カブトガニ博物館も…!!!



| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

ヨークシャープディング

イギリス在住の友達が一時帰国した先の長野県より、小包を送ってくれました。(英国からの送料をケチって日本に持ち込んだ後、こちらに送ってくれた模様。シッカリ者です)
缶詰やらソースやらクッキーやら英語のモノ(当たり前)がたくさん詰まっていました♪

その中にパンケーキミックスが入っておりまして、レシピっぽい部分の数字を見ながら直感でパンケーキを作ってみました。
作り方、合ってたかどうか分かりませんが、モチモチした食感で旨かったです♪
で、食べ終わった後、その袋の表紙を良く見たら
ヨークシャープディング
という単語がありました。
コレは・・・!!!
愛するプライムリブの付け合わせに出てくるパンみたいなやつかも!!
(ヨークシャープディングはタマゴっぽいデニッシュのようなパンのようなもの?かなあ)
そして数日後。
どうしても食べたくなって作ってみよう!と思い立ちました。
英語のレシピを読と試みたけど2分で断念⇒再びカン(!)で作ってみました。

…中身のないキッシュみたいな物体が焼き上がったです…(泣)

やっぱ未体験フードをカンで作成は無謀でした。
このキッシュめいた食べ物、バター&メープルシロップかけたら割と旨かったです。
でも・・・!!
ヨークシャープディングが…食べたい(泣)!!!!
24君、レシピ訳してくれんかなあ・・・)

下の写真は焼き上がり直後のキッシュめいた物体。
期待に満ちた目線での写真です。(食べる前だから)
Puding


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

てんとう虫にザンゲ

お誕生日が過ぎまして、またひとつ年を重ねた川崎です。
もうね、年齢は非公開でよろしく(笑)

ってかね、私、独自の「年齢カウント方法」を考えたんです。
世の中には80まで生きる人もいれば100まで生きる人もいるわけです。
80歳まで生きる人の場合の「1年」は100歳まで生きる人の場合は「0.8年」に相当する、と考えるのです。
その場合、勝手に100まで生きると思い込めば
30歳の場合×0.8=24歳 40歳の場合は×0.8で32歳!!!
・・・ほーら、何だか明るい感じでしょ(笑)
「年甲斐がない」なんてコトは世の中に何もない気がしちゃうですよ。
というわけで、100まで生きる予定なら私もまだ20代!コレでいこうと思います。


ところで先日、お風呂場の片隅にてんとう虫を発見しました!
もう春ですね~♪
で、てんとう虫を見て思い出したことがあります。

むかーしむかし・・・。
幼稚園児の頃、我が家にてんとう虫の形をしたレコードプレーヤーがありました。
当時私は親の持っていたレコードの中で何故かレッド・ツェッペリンの「移民の歌(Immigrant song)」に大ハマリし、両親不在の折に両親のベッド上にてんとう虫プレーヤーを置き、1人で
「移民の歌かける⇒ベッドで踊り狂う⇒針飛ぶ⇒再び移民の歌かける⇒踊り狂う⇒針飛ぶ」
という行動を超ハイテンションで、延々と繰り返しておりました。
そしてついにはベッドのスプリングを破壊…。
(おおお、お父さんお母さんごめんなさい・・・)


…さて、そんな思い出に浸りながらの入浴の後。

浴槽わきでじっとしていたてんとう虫さんを捕まえ、屋外へ逃がしてあげました。
で、翌朝。
扉を開けると、なんと少し離れたコンクリートの上でお亡くなりに!
…どうやら寒さにやられた模様(泣)

!!!!!

・・・アアア アーア!! (←移民の歌風に)

Hokakuji

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »