« もうすぐcosmo! | トップページ | cosmoポリス »

2008年2月13日 (水)

手作り餃子とブラジルの少年

Image195どうにも餃子が食べたくなって手作りしてみました(写真参照)
美味しかった♪♪ああ、ごま油って美味しいなあ~
しかし、テフロンが弱り気味で、剥がし損ねて中身が出てしまった…(泣)
張り切って「羽根つき餃子」にしようと小麦粉混ぜた水投入したのも水の泡。
ああ、新しいフライパン買おうかなあ・・・。

ところで、2月と言えば、もう終わってしまいましたがブラジル!カーニバル!
数年前にブラジル、リオのカーニバルで美しさと音圧に圧倒され大号泣、
周りのブラジル人から「何故泣いてんの??こんなに楽しいカルナバル会場で??」
という目で見られた私ですが、
その時の旅で会った中で忘れられない少年がいます。

バイーア州、サルバドールという街でのこと。
昔、奴隷船の到着地だったということもあり、街には奴隷市場の建物が今も残っています。(現在はお土産屋さんになってます)
そしてなんと言ってもサンバ発祥の地!
街中に音楽にあふれる非常に美しい場所でした。
そのサルバドールで、yukaさんという方(サルバドール在住・名古屋のサンバチームでお世話になっていた名ダンサー)にLagoa do Abaetéという場所に連れて行って貰いました。
湖の周りに真っ白な砂浜が広がって、それはそれは嘘みたいに綺麗な所でした。

Image00300
で、砂浜でのんびりしていたら、少年らがぽつぽつと集まってきて、そのまま一緒に水遊びしました。
その中でも特に人懐っこく
「僕が今からバナナの木になるから見てて!(通訳・yukaさん)」と言って、
砂浜からでんぐり返ししながら水辺へ⇒そのまま水没⇒水中で逆立ち (←犬神家のスケキヨ様ポーズ)
というワザ(?)をひたすら繰り返してくれた8歳位の少年がいました。

帰る間際、彼が何気ない感じで「僕を日本に連れて行ってよ!」と言うので私は
「楽器が出来れば10年後位に来れるかもよ~」と笑って答えました。
そしたら彼はこう答えたのです。

「僕、10年後に生きてるか分からないよ…今連れて行って!」

私は思わず言葉を失ってしまいました。
10歳にもならない子が「死」をそんな風に身近に感じているという現実。
彼は空き家に母と二人で暮らしている、と言っていました。

無事大人になっていて欲しい、と願ってやみません。


さて、今週日曜はcosmoライブです。
またまた赤坂グラフィティ、cosmoは20時10分頃に登場予定です。
宜しくです。

♪♪

|
|

« もうすぐcosmo! | トップページ | cosmoポリス »

ことば」カテゴリの記事

コメント

綾子さん、おはこんばんちは!
今日はしっとりとしたお話で、とても深く考えさせられました。

私たちって幸せすぎて、世界の実状を知らない事が多いんですよね...
例えばガーナでカカオの実を取る仕事をしている5歳の少年は、チョコレートという存在を知らないし、もちろん食べた事もない...
今日はバレンタイン。
私たちが配るチョコレートは、義理でも、本命でも、そういう子供たちが一生懸命働いてくれたものだと、感謝出来るバレンタインにしたいですね。

すみません...長くなりました。

投稿: TOMY | 2008年2月14日 (木) 01時13分

こちらでははじめまして(笑)
バイア州といえば水晶の採掘で有名な州ですね。白い砂浜はおそらく石英の砂でしょう。水晶バブルでもっと豊かな地域かと思っていましたが、豊かなのは一部の鉱山主だけなのですね。あと地主?
世界中を見るとそんな国がほとんどなんですよね。G7なお偉いさん達にもよく考えていただきたいものです。
フライパンはドンキーで売ってるマーブル模様のが意外と使いやすいでした(^○^)安いし。

投稿: いえてぃ | 2008年2月14日 (木) 05時28分

あやこさん、こんにちは(*´∀`*)
いやぁ、私もものすごく考えさせられました。 本当に今の自分たちって幸せなんだなって思います。 今の幸せに慣れちゃってるせいもあるから、困ってる人たちのことを自然と見て見ないふりとかしちゃってるんですよね。 そんな小さな子がすでに死のことまで考えているだなんて、なんか胸が痛いです。。 もっと一日一日を大事に過ごしていかなきゃいけないなって私自身改めて思いました。 

投稿: p-nori | 2008年2月14日 (木) 09時42分

はじめまして。ジムノの頃からブログを読ませて頂いていたんですが初書き込みします。
男の子の話。正直以外でした。ブラジルと言えばサッカーやカーニバルなど華やかなイメージしか無かったけれどらそういった国でも未だに暗い現状があるんですね。勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: ゆえい | 2008年2月16日 (土) 22時38分

チョコレートだけじゃなく 私達の生活を 支えられてることが知らないだけで沢山あるんでしょうね

それにしても手作り餃子良いですね~ ホットプレートでチーズなど色々なアンを作ってパーチーがしたくなりました まだ試したことはないですがソースつける方もいらっしゃるらしいと小耳にはさみました
そして福岡は一口餃子 鉄鍋餃子などがあるとよ~

投稿: サンドイッチのごま油炒め | 2008年2月18日 (月) 23時34分

COSMOのコンサート 行かれた方どんなんだったか教えてください。東京の方はいいですね

投稿: H | 2008年2月19日 (火) 09時22分

お返事☆川崎です。

本文に書ききれなかったのですがあの時、
湖畔で荷物の番をしてたら(念の為荷物番は常時誰かがしていた)
馬に乗った(!)警察官がパッカパッカとやってきて
「彼ら(湖で一緒に遊んでた子等ね)は泥棒だから気をつけなさい」
と言って去っていきました。
なので普段は悪さをしてるのかもしれません。
生きるため、なのでしょうが…。

我々とは仲良くなってしまったせいか、何もなかったです。
その大らかさ(?)はお国柄なのでしょうか(笑)
自然が豊かで食べ物も海や山に行けばある、その辺りも大らかさの元なのかも、とも思いました。

あ、cosmoは楽しかったですよ(笑)
(地方の方に聴いて頂く方法が今は無くて申し訳ないです…)

てかチーズ餃子旨そう・・・。

投稿: 川崎Drums | 2008年2月20日 (水) 00時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527932/10489498

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り餃子とブラジルの少年:

« もうすぐcosmo! | トップページ | cosmoポリス »